メニュー

アイセンターについて

所長からのあいさつ

アイセンターの3本柱で患者さんのために

洛和会音羽病院 アイセンター所長 栗山 晶治アイセンターは目の疾患治療に特化した施設です。外来、手術室ともに患者さんの居心地を最優先に考えたつくりになっており、そこに先進的な眼科検査機器と手術機器が装備されます。これにより正確な診断と的確な治療を患者さんに提供できるものと考えます。
眼科医師は全員眼科専門医の資格を有しており、主体の常勤医師は責任をもって最後まで患者さんを診させていただきます。非常勤医師は各々専門疾患の診療を担当していただいています。視能訓練士も数多くの先進的な検査に対応できるよう訓練され、またその人数も必要十分なものとなっています。 患者さんの要望を第一に考えた「個別医療」、専門スタッフが集結した質の高い「チーム医療」、先進医療機器を備えた「先端医療」、これらを3本の柱として、私たちは「良質な医療への頂」に少しでも近づいていければと日々精進していく所存であります。皆さまのご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

洛和会音羽病院 アイセンター所長 栗山 晶治

経歴
  • 1986年 京都大学医学部卒
    同年 京都大学医学部眼科学教室入局
  • 1988年 京都大学医学部大学院
  • 1991年 米国UCLA Jules Stein Eye Institute研究員
  • 1993年 京都大学医学部眼科助手
  • 1995年 神戸市立中央市民病院眼科副医長
  • 2000年 兵庫県立尼崎病院眼科部長
  • 2005年 大津赤十字病院眼科部長
  • 2007年 京都大学医学部眼科臨床教授(兼任)
  • 2016年 現職

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル