メニュー

医療機器

手術機器

  • Navilas® 577s(OD-OS社)

    先進型のナビゲーションレーザ光凝固装置 Navilas® 577s(ナビラス)を導入しました。レーザ光を治療部位(目的地)まで正確に案内(ナビゲーション)することのできるシステムであり、高性能なコンピューターで制御された非常に精度の高いレーザ治療が可能となります。

  • TANGO YAGレーザー(ellex)

    緑内障治療と後発白内障治療に用いるレーザー機器です。

  • LensX フェムトセカンドレーザー(Alcon)

    白内障手術を行う際に重要で難度の高い手技である水晶体前嚢切開、水晶体核破砕、角膜切開を短時間かつ誤差もなしに行うことのできる先端の白内障手術機器です。

  • センチュリオン(Alcon)

    手術中の眼内圧の変動を抑え、一定に保つことができるようになり、安定して手術が行える超音波乳化吸引装置です。

  • ルクソールIII 手術顕微鏡(Alcon)

    優れた徹照領域の安定性、深い焦点深度を実現する装置です。

  • Lumera700 天吊り用手術顕微鏡(ZEISS)

    過去の顕微鏡より格段に見やすくなります。

  • RESCAN OCT付手術顕微鏡(ZEISS)

    手術用顕微鏡とOCTの2つの技術を統合することにより、顕微鏡の視野内表示による術中OCTの観察が可能となります。

  • Constellation
    (Alcon)

    先端の硝子体手術装置です。

  • トラベクトーム(Kowa)

    緑内障手術に用いる機器で、低侵襲手術を可能とします。

  • マルチカラーレーザー光凝固装置MC-500(NIDEK)

    モジュール式レーザー、多種類のデリバリユニットとの豊富な組み合わせに対応した新世代レーザーです。

  • 眼科用内視鏡3CCDイメージングシステムFT-203F(FiberTech)

    細径ファイバースコープ専用の光源・プロセッサ装置一体型のシステムです。3CCDカメラの採用により、解像度と色再現性に優れ、リアルな内視鏡画像を実現します。

  • 冷凍凝固装置&ジアテルミー凝固装置(MIRA社)

    網膜剥離のバックリング手術や硝子体手術で使用される信頼性の高い装置です。

  • 眼科用手術台MEPRO4(タカラベルモント)

    患者さんには、緊張感や不安感がより少ないように、医師を含め手術スタッフにはもっと使いやすいように進化した先進の眼科専用手術台です。

  • 手術映像記録・配信システムADMENIC(CARINA社)

    手術室の医用映像機器の映像を、ネットワーク経由でリアルタイムに「ライブ配信」するとともに、その映像をライブラリ化して、「管理」「視聴」「2次利用」を可能にします。 記録映像は、患者さんやご家族への説明、院内カンファレンスや学会発表などの資料作成として活用できるだけでなく、医療安全対策のための長期保管に備えることができます。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル