メニュー

疾患と治療

黄斑前膜

黄斑前膜の症状

網膜はカメラのフィルムに当たる組織です。網膜の中心部に黄斑と呼ばれる視力の鋭敏な場所があります。「黄斑前膜」とは、網膜の手前に膜が張って、黄斑がそれに遮られてしまう病気です。膜の形成が進むにつれて、ゆっくりと視力が低下していきます。また、物が歪んで見えたり、大きく見えたりもします。

黄斑前膜の検査
眼底検査

黄斑前膜の有無および程度を判定するために行う検査です。

OCT(網膜断層撮影)

黄斑部の網膜を断層撮影することにより黄斑前膜の程度、範囲等をミクロン単位で測定できます。

マイクロペリメーター(MP3)

黄斑部の視感度を測定する検査です。黄斑部の視機能を判断するために重要な検査です。

黄斑前膜の治療
硝子体手術

眼球に3カ所の創(灌流用、照明用、カッター用)を作成します。まず硝子体を切除し、次に黄斑前膜を剥がします。また網膜の最も内側の内境界膜を剥がします。こうすることで術後の再発を減らせます。必要に応じて空気やガスを眼内に注入して手術を終了します。ガスを注入した場合には、術後うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。空気、ガスを注入せずに終了した場合、うつ伏せの必要はありません。ガスは自然に眼内液と置き換わります。
硝子体手術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがほとんどです。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

術後に視力はゆっくりと回復していきます。回復には個人差があり2・3カ月から半年程度かかる場合もあります。術前から歪みがある場合は、視力が向上しても、歪みは完全に治らないことがあります。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル