メニュー

疾患と治療

硝子体出血

硝子体出血の症状

硝子体とは眼球内を満たしているゼリー状の無色透明な組織です。さまざまな部位からの出血が、硝子体腔の中にたまった状態を硝子体出血といいます。出血自体は、短期で止まることがほとんどですが、自然吸収されないと光が出血によってさえぎられて網膜にうまく届かなくなるので、飛蚊症(ひぶんしょう)・霧視(むし)・視力低下などを起こします。

硝子体出血の原因

硝子体出血を起こす疾患はさまざまあり、代表的なものとして裂孔原性網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症、後部硝子体剥離、網膜細動脈瘤、くも膜下出血、ぶどう膜炎、外傷があります。ただし手術前に原因が特定できないことが多くあります。これは出血により眼内の観察が妨げられるためです。

硝子体出血の検査
眼底検査

硝子体出血の程度、およびその原因を判定するために行う検査です。

超音波検査

硝子体出血で眼底の状態がわからない場合は、超音波検査により網膜剥離の有無などを調べることができます。

網膜電図(ERG)

硝子体出血で網膜の詳細が不明な場合は、その網膜の機能を調べるために行われます。

硝子体出血の治療
硝子体手術

硝子体手術では、まず血液が混ざった硝子体を切除します。続いて必要であれば原因疾患を治療して、再出血を予防します。原因疾患の治療には、光凝固、増殖膜除去などを行い、必要に応じて空気やガス、シリコンオイルを眼内に注入して手術を終了します。ガスやシリコンオイルを注入した場合には、術後うつ伏せの姿勢を保つ必要があります。うつ伏せ期間は注入した物質や病状によって異なりますが、ガスのある2~3週間はできるだけ仰向けにならないでください。空気、ガス、シリコンオイルを注入せずに終了した場合は、うつ伏せの必要はありません。ガスは自然に眼内液と置き換わります。シリコンオイルは将来的に手術で抜去します。硝子体切除術の後には白内障が進行しやすくなります。また治療効果を上げるためにも白内障手術を同時に行うことがあります。人工レンズは同時あるいは二期的に挿入します。

手術後の視力

原因疾患によって異なります。特に視力に関わる網膜の黄斑部が障害されていると良好な視力が得られません。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル