メニュー

医療機器

検査機器

  • VC60 液晶視力表(TAKAGI)

    大きな指標、小さな指標を併せ持つハイブリット視力表です。

  • PM600 レーザーフレアメータ(Kowa)

    前房水の蛋白濃度を定量的に評価する機器です。

  • TONOREF トノレフIII(NIDEK)

    眼圧、眼の屈折度を一台で測れる機器です。

  • EM4000スペキュラ(TOMEY)

    角膜の細胞の数や形、大きさを調べる機器です。

  • CSV-3000 グレア内臓コントラスト測定器(中央産業)

    感度の低下(コントラスト感度)と光の眩しさ(グレア感度)を相対的に検査をする機器です。

  • TA03 手持ち眼圧計(icare)

    手持ちなので寝たきりの患者さんでも計れる眼圧計です。

  • IOLマスター700(ZEISS)

    眼内レンズの度数決定に必要な眼軸長や角膜曲率半径、前房深度を測定する機器です。

  • LS900 レンズスター(HAAG)

    眼軸長や角膜曲率半径、前房深度を測定する機器です。最適なトーリック眼内レンズの挿入を実現し、屈折矯正術後眼にも対応しています。

  • ベリオンリファレンスユニット(Alcon)

    角膜屈折力と乱視軸の測定を行います。乱視矯正眼内レンズや多焦点眼内レンズなど、高い精度の検査ができます。

  • CASIA II 前眼部OCT(TOMEY)

    角膜前面から水晶体後面まで一度の撮影で撮れます。角膜形状解析も可能です。

  • PLEX Elite 9000 SS-OCT(ZEISS)

    造影剤を使わずに網膜の血管を撮影でき、断層像も撮れる機器です。

  • Cirrus 4000 SD-OCT(ZEISS)

    網膜の断層像の写真が撮れる機器です。

  • OPD-Scan 角膜収差解析装置(NIDEK)

    角膜形状と屈折度分布を測定できる機器です。

  • HRA II スペクトラリスHRA(HEIDELBERG)

    眼底写真撮影装置で、さまざまな画角の眼底画像を得ることができます。動画撮影も可能です。

  • オプトス・カリフォルニア(中央産業)

    無散瞳で画角200度を撮影可能な広角眼底写真撮影装置です。

  • CF1(Canon)

    眼底写真を撮る機器です。

  • LE4000 ERG(TOMEY)

    網膜の働きが正常かどうか調べる機器です。

  • HFA860 ハンフリー視野計(ZEISS)

    主に中心部の視野(30度以内)の見える範囲や欠損部分を調べる機器です。

  • MP3 マイクロペリメーター(NIDEK)

    眼底像を確認しながら網膜視感度を測定する機器です。

  • ゴールドマン視野計(Inami)

    見えている範囲と感度を調べる機器です。

  • HESS赤緑試験(HAAG)

    眼の動きを調べる機器です。

  • シノプトフォア2002(HS CLEMENT CLARKE OPHTHALMIC)

    斜視や弱視の検査、視能訓練に用いる機器です。

  • OT-II アノマロスコープ(NEITZ)

    色覚検査の中で唯一確定診断ができる機器です。

  • SC1800 液晶視力表 3m(NIDEK)

    さまざまな指標を表示できる液晶視力表です。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル