このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

特定行為研修について

ニュース・お知らせ

当院主催「特定行為研修の実際と特定看護師の活用に向けて」、おかげさまで大好評の公開講座として終わらせることができ、深く感謝いたします。 ご多用の中ご出席いただいた皆さま、講演をご担当いただいた講師の皆さま、誠にありがとうございました。今後ともより一層のご指導とご厚誼を賜りますよう、お願い申し上げます。(2017.9.22)

<公開講座 資料>※無断転用は禁止しております。


ごあいさつ

洛和会音羽病院では、2015年10月から特定行為研修を開始し、決して平坦ではない道程を歩みながら2017年3月に修了生5人を輩出しました。特定看護師(当院における特定行為研修修了者)の満足度は高く、パイオニアである彼らは今、未来の医療を支えるために始動しています。2017年4月からは新たな受講生を迎えての研修がスタートしました。
2018年度からは履修可能な区分別科目を5科目から8科目に増やし、急性期領域はもちろん、在宅医療にも対応した科目構成をめざしています。また、遠方からの受講希望者にも対応すべく、研修提供体制の整備に向けて奮闘しております。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

 

洛和会音羽病院 看護部

教育研修室について

教育研修室では、次の業務を担当しています。

  • 特定行為研修の計画、実施、評価
  • 特定行為研修に係る教育・指導
  • 特定行為研修受講生の募集
  • 特定行為の実践に関わる教育・研修の企画、運営
  • 特定看護師の活動支援

特定行為研修修了者と滝室長

特定行為研修修了者

このページのトップへ

特定行為研修とは

厚⽣労働省が2015(平成27)年10⽉に施⾏した新たな看護制度です。
洛和会音羽病院は、2015年8月5日に厚生労働大臣から「特定行為に係る看護師の研修制度(特定行為研修)」の研修指定機関として、京都府下で唯一指定を受けました。
特定行為研修では、21の特定行為区分に含まれる38の特定行為について研修を積み、実践能力を修得します。研修を修了した看護師は厚生労働省の看護師籍に登録され、医師の指示の下で、特殊かつ高度な特定⾏為の実践・提供ができます。

特定行為とは

特定行為は、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる次の38行為です。(厚生労働省ホームページより抜粋)
※38の特定行為についてはこちら( ⇒厚生労働省「特定行為とは」

制度の趣旨

2025年に向けて、さらなる在宅医療等の推進を図っていくためには、個別に熟練した看護師のみでは足りず、医師又は歯科医師の判断を待たずに、手順書により、一定の診療の補助(例えば脱水時の点滴(脱水の程度の判断と輸液による補正)など)を行う看護師を養成し、確保していく必要があります。このため、その行為を特定し、手順書によりそれを実施する場合の研修制度を創設し、その内容を標準化することにより、今後の在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成していくことが、本制度創設の目的です。(厚生労働省ホームページより抜粋)
⇒厚生労働省「特定行為に係る看護師の研修制度の概要」

このページのトップへ

当院での特定行為研修について

当院での研修の特徴

受講者のニーズに合わせ、学びやすいコースを提案します。

共通科目を学ぶ

共通科目は放送大学で受講します。修了後は取得した単位が大学院の単位として認められます。

1区分ずつ特定行為科目を学ぶ

1区分からでも受講が可能です。ただし、共通科目を当院で修了しているか、他施設での修了認定がある場合に限ります。ご検討中の方は教育研修室にお問い合わせください。

複数の特定行為科目を学ぶ

モデル別コースの履修をおすすめします。コース修了後はいつでも必要な区分別科目を1区分ごとに受講可能です。


特定行為区分の受講については、事前に相談が可能です。

受講者募集について

2018年度 特定行為研修の受講者を、下記日程で募集します。

  • 募集期間:2017年9月18日(月)~11月17日(金)
  • 選抜試験日時:2017年11月25日(土) 午前10時~
  • 合格発表:2017年12月1日(金)

詳しくは募集案内をご覧ください。

このページのトップへ

当院の特定看護師の紹介

当院では、特定行為研修を修了した看護師を「特定看護師」と称しています。
特定看護師は現在、自部署での看護業務にあたるほか、特定行為研修生である後輩の教育指導にも従事しています。
特定行為の実践においては、各診療科医師の指導の下、修了後の臨床研修を行いながら特定看護師活動の礎を築くべく邁進しています。
ラベンダー色のユニフォームを着用していますので、見かけたらぜひお声かけください。

特定行為研修の様子

共通科目

eラーニングとスクーリングで履修します。

(特定看護師による講義風景)

(模擬患者を対象とした医療面接の指導の場面)

区分別科目

担当講師との対面式授業で、講義・演習・実習を履修します。

特定行為研修の様子

(呼吸器(気道確保に関わるもの)関連の指導場面)

修了後臨床研修の様子

特定行為研修を修了したら、当院では担当診療科の医師の指導の下、一定期間の臨床研修を行います。

(カンファレンスへの参加)

(担当医師による指導)

ご相談・お問い合わせ

洛和会音羽病院 看護部

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ