創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

当院について

令和元年度 医療の質を示す指標

当院は、日本病院会QIプロジェクトに参加し、自院における医療の質の改善を図っております。以下の指標は、当プロジェクトの指標定義に基づいて算出しております。

患者満足度

患者満足度 外来患者91.5% 入院患者78.6%

アンケート実施期間

  • 外来:2019年6月17日~6月21日(回答者:302人)
  • 入院:2019年4月1日~6月30日(回答者:541人)

※大変満足+やや満足と回答した方

死亡退院率

死亡退院率 3.4% 前年度3.3% 全国平均3.3%

算出式

   
分子 死亡退院患者数
分母 退院患者数

※緩和ケア病床除く

死亡退院要因(上位5疾患)

全体の件数:577件

死亡退院要因 肺がん7.6%(44件) 誤嚥性肺炎7.3%(42件) 敗血症4.2%(24件) 胃がん4.0%(23件) すいがん3.8%(22件) その他73.1%(422件)

救急車応需率

救急車応需率95.7% 前年度93.3% 全国平均85.0%

算出式

   
分子 救急車で来院した患者数
分母 救急車受け入れ要請人数

転倒転落率

入院中、自宅と異なる病院の環境や、病気による意識の混濁などが影響し、転倒したり、ベッドから転落する場合があります。入院患者さんが転倒・転落した場合に、幸いけがなく何ともない場合がありますが、レントゲン検査や傷の処置などが必要になる場合があります。病院では、転倒・転落のリスクアセスメントを行い、再発や重症化防止の取り組みを進めています。より低い値を目指しています。

転倒転落率 3.95‰ 前年度3.46‰ 全国平均2.47‰

算出式

   
分子 入院中の患者に発生した転倒・転落件数
分母 入院患者延べ数(人日)

褥瘡発生率

一般的に「床ずれ」とも言われます。圧力がかかって出来た傷のことで、骨が出っ張っている場所が、寝たきりなどによって体重がかかって圧迫され血流が悪くなり、皮膚が赤みを帯びたり潰瘍のような傷が出来たりします。本指標は、病院に入院してから新たに発生した褥瘡の率を表しています。褥瘡が発生し重症化することは、患者さんの安楽を阻害し生活の質の低下につながり、感染などの合併症を引き起こす原因となります。そのため、発生の予防や早期発見に努めていく必要があります。より低い値を目指しています。

褥瘡発生率 0.14% 前年度0.16% 全国平均 0.08%

算出式

   
分子 調査期間における分母対象患者のうち、d2以上の褥瘡の院内新規発生患者数
分母 入院延べ患者数

※d2…真皮までの損傷

紹介率

病院に初診で来る患者さんに対して、紹介受診、救急受診する患者さんの割合を示します。数値が高い場合には、直接初診する患者さんより地域医療機関などからの紹介や救急来院が目立つことを示しています。

紹介率 59.8% 前年度58.5% 全国平均62.2%

算出式

     
令和元年度 平成30年度
分子:紹介初診患者数 11,884 11,536
分母:初診患者数※ 19,877 19,730

※初診患者数-(休日・夜間以外の初診救急車搬送患者数+休日・夜間の初診救急患者数)

逆紹介率

検査が終わった患者さんや、治療が一段落したり、治療方法が定まった患者さんは患者さんの利便性を考慮し、かかりつけ医への紹介(逆紹介といいます)を行っています。逆紹介患者数と初診患者数の割合を示しています。

逆紹介率88.3% 前年度83.9% 全国平均75.9%

算出式

     
令和元年度 平成30年度
分子:逆紹介患者数 17,565 16,551
分母:初診患者数※ 19,887 19,730

※初診患者数-(休日・夜間以外の初診救急車搬送患者数+休日・夜間の初診救急患者数)

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



公益財団法人日本医療機能評価 ハイ・サービス日本300選 トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル