創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

医療関係者の方へ

特定行為研修について

ニュース・お知らせ
  • 2020年度の特定行為研修は2020年10月1日から2021年9月30日まで開催中

特定行為研修とは

厚生労働省が2015(平成27)年10月に施行した新たな看護制度です。
洛和会音羽病院は、2015年8月5日に厚生労働大臣から「特定行為に係る看護師の研修制度(特定行為研修)」の研修指定機関として、京都府下で唯一指定を受けました。
特定行為研修では、21の特定行為区分に含まれる38の特定行為について研修を積み、実践能力を修得します。研修を修了した看護師は厚生労働省の看護師籍に登録され、医師の指示の下で、特殊かつ高度な特定⾏為の実践・提供ができます。

特定行為とは

特定行為は、診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる次の38行為です。(厚生労働省ホームページより抜粋)
※38の特定行為についてはこちら

制度の趣旨

2025年に向けて、さらなる在宅医療等の推進を図っていくためには、個別に熟練した看護師のみでは足りず、医師又は歯科医師の判断を待たずに、手順書により、一定の診療の補助(例えば脱水時の点滴(脱水の程度の判断と輸液による補正)など)を行う看護師を養成し、確保していく必要があります。このため、その行為を特定し、手順書によりそれを実施する場合の研修制度を創設し、その内容を標準化することにより、今後の在宅医療等を支えていく看護師を計画的に養成していくことが、本制度創設の目的です。(厚生労働省ホームページより抜粋)

受講者募集について

2020年度 特定行為研修に係る募集は終了しています(途中募集なし)
※2021年度 特定行為研修に係る募集要項は2021年3月以降掲載予定

2021年度 特定行為研修の受講を希望される方は下記の2020年度の募集要項をご参照ください。

ご相談・お問い合わせ

洛和会TQM支援センター(特定行為研修事務局)

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



公益財団法人日本医療機能評価 ハイ・サービス日本300選 トモニン えるぼし くるみん きょうと健康づくり実践企業

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル