このページの先頭

洛和会音羽リハビリテーション病院

交通アクセス

医療技術部門(コメディカル)

リハビリテーション部

セラピスト総勢98人

薬剤部

業務内容
入院患者さま全員のカルテを確認し、その人に合った薬物治療へ貢献

定期処方・臨時処方にかかわらず、一人ひとりの患者さまのカルテを確認し、検査値、日々の血圧、血糖などを確認し、必要であれば、検査依頼なども行っています。当院では、薬剤師の病棟常駐をめざし、より細かな処方の提案、患者さまに沿った処方の提案をめざします。

枠を決めずに新人のときから何でも参加

新人のときからさまざまな業務に携わることができます。
新人にとっては大変ですが、その分やりがいも大きいです。

薬剤部構成メンバー

薬剤師:5人 調剤助手:1人(2017年8月現在)

薬剤部構成メンバー

取り組み
退院援助に積極的に関与していきます

各病棟の特色に合わせ、患者さまやご家族が安心して退院できるように、入院中から処方内容・薬剤の服用方法などに関わっていきます。他部署と連携し、安心して退院できるように取り組みます。

保険薬局の皆さまへ
服薬状況提供書(トレーシングレポート)導入に関して

当院院外処方せんを応需いただきありがとうございます。
今回、適正かつ安全な薬物療法をより推進するため、来局時に患者さまから聞き取った内服薬のアドヒアランス状況や先生方からの処方提案などを治療に活用したく、服薬状況提供書(トレーシングレポート)を導入いたします。
保険薬局の先生方が、重要性が高くかつ至急を要さないが、処方医師への提供が望ましいと判断された内容に関しては、積極的に同書面をご活用いただきたいと考えております。
いただいた内容を薬剤部で集約後、医師へ情報伝達させていただきます。
なお、病院薬剤部への連絡は、一般家庭などへのFAX誤送信を回避するため、原則E-mailをご利用いただきますよう、よろしくお願いいたします。
用紙ひな形を下記リンクよりダウンロードしていただきご活用ください。

服薬状況提供書(トレーシングレポート) [Word(15.1KB)]

なお、至急を要する場合は従来通り、処方医師へ直接電話にてお問い合わせください。
保険薬局の先生方と共に適正かつ安全な薬物療法をより推進してまいりますので、ご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせ

洛和会音羽リハビリテーション病院 薬剤部
TEL/FAX:075(581)6173(直通)
E-mail:yakuzaibu_or@rakuwa.or.jp

このページのトップへ

放射線部

臨床検査部

臨床検査部の業務内容
  • 外来患者さまの診察前検査および診察時に依頼された検査の即日実施および報告
  • 整形外科手術を受けられる患者さまの全身状態把握のための術前検査の実施
  • 入院患者さまの経過観察ならびに病態の早期発見のための定期検査の実施
生理機能検査項目

超音波検査(日立アロカ prosoundα7)

  • 心臓
  • 血管(四肢動静脈、腎・腹部大動脈、頸動脈)
  • 腹部
  • 表在 各領域

心電図検査(フクダ電子 FCP-8221 FM-160)

  • 心電図
  • ホルター心電図(24時間)

肺機能検査(フクダ電子 Spiro Sift SP-370COPD)

  • 肺活量
  • 努力性肺活量

このページのトップへ

栄養管理室

栄養管理部

おいしく食べてしっかりリハビリ

効果的なリハビリテーションを継続するために「栄養管理」は重要です。特に、集中的にリハビリテーションを行う回復期リハビリテーションにおいては、「体力の維持」のために栄養をとらなければなりません。
栄養管理室では「おいしく食べる」ことを目標に、季節の食材を取り入れるなど、各種メニューや摂食嚥下障害の患者さまにも「口からおいしく食べられる」食形態を工夫したフードサービスを提供します。

 

また、職員の栄養管理も大切なポイントです。
多忙な業務を、元気にやりがいをもって遂行できるよう、職員食堂のメニューや環境づくりにも力を入れています。

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32-1
075(581)6221(代)

詳しくはこちら

ページトップ