創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

メモリークリニック(物忘れ外来)

認知症早期発見やセーフティーネットワークの要として

当院のメモリークリニック(物忘れ外来)では、物忘れと認知症の早期診断、評価、治療だけにとどまらず、ご家族やかかりつけ医からの相談に広く対応しています。
地域包括支援センターや洛和会音羽病院の認知症関連部門(脳神経内科洛和会京都新薬開発支援センター認知症治療病棟)、京都のさまざまな医療機関、介護施設などと幅広く連携し、京都の認知症早期発見やセーフティーネットワークの要となるべく、努力しています。

外来担当医

メモリークリニック(物忘れ外来)(完全予約制)

*…女性医師

 
午前 8診 木村透(院長) (木村透(院長)) 木村透(院長)
(小澤恭子*)

診察のご案内

最近、認知症への関心が富みに高まっているようです。人は誰でも、年齢を重ねれば、忘れっぽくなります。そして、ふと「これが認知症の始まりなのか…?」と、心配になるのは自然な流れです。身内の方やご近所にも、おそらくそのような方々がたくさんおられることでしょう。
認知症は、早期発見、早期介入がますます重要になってきました。認知症の原因にはさまざまなものがありますが、その原因究明が進むとともに、根治が困難なものであっても、生活習慣の改善や介護サービスの利用に、適切な薬を組み合わせることにより、発症や進行を遅らせたり、さまざまな問題行動、精神症状をコントロールすることが可能になってきました。また、新薬も開発され、治療の選択肢も増えてきています。

メモリークリニック(物忘れ外来)では、まず、じっくりとご本人・ご家族とお話しすることから始め、日本認知症学会専門医による診察、さまざまな専門的な検査を必要に応じて組み合わせ、総合的な診断をいたします。
以下のような疑問や認知症に関するさまざまなご相談に対応いたしますので、お困りの方は、ご予約のうえご来院ください。

  • 物忘れは病的なものなのか
  • 将来認知症になる可能性は高いのか
  • 認知症であれば、どんなタイプのものか(鑑別診断)、そして治療が可能なものなのか

初診は月・火・木曜日の午前中に予約枠がありますので、当院の予約センターにて予約を承ります。当日に受けていただく検査もあり、患者さんによっては診察に時間を要する場合がありますので、あらかじめ当日のご予定の調整をお願いいたします。

診察の流れ

物忘れの鑑別・診断は、生活能力の程度、認知能力の水準、神経画像検査の3つを主に調べて行います。2回の診察で、診断、治療導入、コンサルトまでほぼ可能となっています。
初診では、問診や診察、認知機能テスト(簡易)、身体的検査(採血、心電図など)、神経画像検査(MRIまたはCT)を行い、本人やご家族からじっくりお話を聞くことから始めます。
2回目の診察は必要に応じて行い、脳血流シンチ(SPECT)検査、認知機能テスト(詳細)を行い、結果を説明した上で、今後の方針や対策を相談します。薬物治療の導入や生活指導などを行い、希望により、介護サービスや新薬治験のご紹介も行います。治験にご興味のある方は洛和会京都新薬開発支援センターにお問い合わせください。専門スタッフがお答えします。

問診と認知機能テスト

  • 問診:日常生活能力、社会生活能力がどの程度保持されているかの評価
  • 認知機能テスト:MMSEや時計描写(MeCDT)などの簡易な認知機能スクリーニング、必要に応じMoCA、FAB、ADASなどの詳細な認知機能テストで認知機能のレベル評価

神経学的検査・身体的検査

  • 血液検査、生理機能検査:認知症の原因となる身体的疾患(ビタミン欠乏症、ホルモン異常など)の有無

神経画像検査

  • MRI、CT検査:脳の構造的な変化(脳血管障害、硬膜下血腫、水頭症、委縮の有無)のチェック
  • SPECT検査(脳血流シンチ、DATスキャン、MIBG心筋シンチ):より正確な鑑別診断
    レビー小体病やパーキンソン関連疾患による認知症の鑑別に有用

軽度認知機能障害(MCI)について

軽度認知機能障害(MCI)は、認知症の前段階で数年後に認知症に移行する可能性のある状態です。このうちの一部の方が、将来認知症になると考えられ、正確な診断には専門医による診察が不可欠です。

軽度認知機能障害の特徴

  • 記憶障害の訴えが本人、または家族から認められている
  • 日常生活動作は正常
  • 全般的認知機能は正常
  • 年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
  • 認知症ではない

スタッフ紹介

名前 木村 透(きむら とおる) 木村 透
役職 院長
専門医認定・資格など 日本神経学会認定神経内科専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医
日本認知症サポート医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本頭痛学会認定頭痛専門医/指導医
日本リハビリテーション医学会臨床認定医
日本プライマリケア連合学会認定プライマリケア認定医
日本内科学会認定医
日本医師会認定産業医
名前 小澤 恭子(おざわ きょうこ)
役職 所長
専門領域 免疫性神経疾患、神経筋疾患、神経変性疾患
専門医認定・資格など 日本内科学会認定内科医
日本神経学会認定神経内科専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医

よくあるご質問

加齢による物忘れと認知症による物忘れはどのように違うのですか。

前者は出来事の一部を忘れることに対し、後者はその出来事自体を忘れてしまいます。ただし、早期の場合は区別がつかないことがあります。気になるようでしたら、早めにかかりつけ医か、当院のメモリークリニック(物忘れ外来)にご相談ください。

夫に病院で検査を受けてもらいたいのですが、どう話せばよいでしょうか。

自尊心を傷つけないことが大切です。まずは脳の健診として一緒に検査を受けるよう提案してみてはいかがでしょうか。一人で受けるよりは案外受けてもらえることが多いようです。

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32−1



トモニンエルボシ

  • 075(581)6221
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後1時~午後4時※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル