このページの先頭

洛和会音羽記念病院 透析センター

慢性腎不全により、維持透析を必要とする患者さまは、年々増加しています。
洛和会音羽記念病院 透析センターでは、透析腎臓内科専門医による質の高い透析医療を提供しています。

 

1985(昭和60)年に2床からスタートした洛和会音羽病院 透析室。透析患者さまの増加とともに増床を繰り返し、2007(平成19)年には、透析患者さまが外来・入院合わせて300人を超え、2008(平成20)年4月に、洛和会音羽記念病院の開院とともに、1フロア100床の透析センターをスタートしました。

 

洛和会音羽記念病院では、1階に透析室とレントゲン室を設置し、できる限り患者さまに負担なく移動していただける工夫をしました。100床のベッドが1フロアに並ぶ広大な透析センターでは、医師や看護師が透析患者さまの状態に常に心配りができるので、より安全で安心な医療を提供できます。透析室は床がフローリングで、内装は明るく、開放的な雰囲気になっています。ベッドには液晶テレビも備え、長い透析時間も快適に過ごしていただける造りにしました。

 

2010(平成22)年には、地域からの要望に応えるべく26床を増床、計126床の京滋地区でも有数の大規模透析センターとなり、さらに2014(平成26)年9月、さらなる透析患者さまの増加に対応できるよう22床増床し、計148床、最大約590人収容可能な透析センターとなりました。


透析曜日・時間
  • 午前:午前8時30分~
  • 午後:午後2時~
  • 夜間:午後6時~(月・水・金曜日のみ)

 

※祝日も行っています。

※時間は場合により前後することがあります。

時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前
午後
夜間
 
 
 

 

透析センターのシステム・装置
フューチャーネット

フューチャーネットとは、透析装置や体重計と電子カルテなどをネットワークでシステム化し、透析条件や透析中の状態を集中管理するシステムです。

集中管理することによって、患者さまの透析条件やデータ、透析実績などの情報をすばやく確認することが可能になりました。


RO装置(逆浸透水処理装置)

MH1000CX(日本ウォーターシステム)

透析液溶解装置
  • A剤:AHI-502(東亜DKK)
  • B剤:BHI-502(日機装)
多人数用透析液供給装置
  • DAB-50E
  • DAB-30E
  • BCピュアラーO2
透析コンソール

DCSDCS-26、DCS-27

全コンソールにETRF(エンドトキシン補足フィルタ)を装着。

また、エンドトキシン・生菌測定を定期的に行い、透析液の清浄化に努めています。


透析件数(CHDF・そのほかを含む)
  平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度
4月 6,756 6,397 5,817 5,497
5月 7,130 6,676 6,127 5,498
6月 6,701 6,174 5,988 5,518
7月 7,289 6,795 6,068 5,593
8月 7,070 6,855 6,315 5,800
9月 7,063 6,360 5,898 5,635
10月 7,349 6,887 6,431 5,744
11月 6,748 6,648 6,214 5,789
12月 7,365 6,605 6,339 6,028
1月 7,362 6,827 6,638 5,839
2月 6,495 6,217 5,881 5,672
3月 7,071 6,770 6,502 6,175
累計 84,399 79,211 74,218 68,788

 

交通アクセス

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8116
京都市山科区小山鎮守町29-1
075(594)8010(代)

詳しくはこちら

ページトップ