このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

看護部のご案内

 

看護部長

病院の機能分化が進むなか、洛和会音羽病院が地域住民の皆さまのニーズに対応できる高度医療機能を有した地域支援病院としての役割をいつでも発揮できるように医療体制をサポートすることが看護部門の役割です。職員個々の専門職としての能力を組織内外で発揮できるように、地域の医療機関・介護事業所と連携しながら地域包括ケアシステム作りに一層、取り組んでまいります。

 

看護部長 村田 つる代

 

看護方式

パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS)

洛和会音羽病院は専門職として自覚を持ち、患者さまのニーズに対応できる看護師の育成をめざしています。2016年度から導入したPNSにより、専門職として必要な看護技術や判断力、コミュニケーション能力、時間管理能力など、看護実践に必要な能力を育成します。
また、職員個々が組織の一員として業務改善による効率化やワーク・ライフ・バランス(WLB)の構築などに取り組んでいます。

看護体制

許可入院患者数

548人

  • 一般病棟:429人
    (うち ICU/CCU:12人、SCU:9人、救命救急病棟:32人含む)
  • 地域包括ケア病棟:59人
  • 認知症治療病棟:60人
看護単位

16単位

  • 一般病棟(7対1):8単位
  • 他病棟:5単位(ICU/CCU、SCU、救急病棟、認知症治療病棟、地域包括ケア病棟)
  • 治療部門:3単位(手術センター、救命救急センター、外来<アイセンター含む>)

 

看護理念

  1. 自主的にキャリア開発に努め、高度医療に対応する看護レベルを獲得する。
  2. 専門職として高い倫理観や道徳観に基づいた責任ある行動をとる。
  3. 「気づき」と「思いやり」をもち、患者さまが安全・安楽できるケアを実践する。
  4. 医療チームメンバーとして多職種と協働し、質の高いケアを実践する。

看護部スローガン

チーム医療における看護の役割発揮

医療チームをつなぐのは、どの職種よりも患者さまのそばにいる看護師の役割です。私たちは専門職としての能力と役割を発揮して、患者さまの療養生活と退院支援をサポートします。そして、専門職としての看護活動実践を通じて、人間性を磨き自己実現をめざします。

2017年度活動のスローガン

改革!働きやすい職場風土への取り組み

職員個々が「専門職としての自覚」を持ち、安全安楽で「現時点における最高のケアを提供する使命」があります。これらの実現のためには、職員一人一人が責任を持ち職務を実践し、互いに専門職として成長できる組織をつくる努力が必要です。
職員個々が「私が考える業務改善」「組織における私の役割」を念頭に、働きやすい職場風土(環境)づくりに取り組みます。

入院支援センター

患者さま自身が納得して検査・治療に参加できるように、外来で入院予定が決まった段階から多職種協働で入院オリエンテーションと相談に応じています。国の政策により病床機能分化が急激に進み急性期病院の入院期間(平均在院日数)がますます短くなっているなか、入院前より入院中や退院後の生活を想定し準備しておくことは、スムーズで安心した入院生活につながります。

地域医療機関・介護事業所との連携

病院での療養生活だけでなく、患者さまの生活の場である地域との連携を重要視しています。地域包括ケアシステムのなかにおける看護部門の役割として、「かかりつけ医」や「介護サービス事業所」「ケアを担うご家族」などとの情報共有やケアの指導がスムーズに連携できるように関わっています。地域包括ケアシステムにおける「顔の見える関係づくり」をめざしています。

洛和会音羽病院で活躍する看護師(2017年6月現在)

ある特定の看護分野において熟練した看護技術や知識を有するとして、日本看護協会の専門看護師・認定看護師・認定看護管理者認定審査で認められた看護師です。

専門看護師

  • がん看護専門看護師:1人
  • 重症集中ケア専門看護師:1人

認定看護師

  • 皮膚・排泄ケア認定看護師:2人
  • 感染管理認定看護師:1人
  • 緩和ケア認定看護師:1人
  • 救急看護認定看護師:2人
  • 小児救急看護認定看護師:1人
  • 慢性心不全看護認定看護師:2人
  • がん化学療法認定看護師:2人
  • 手術看護認定看護師:1人

認定看護管理者:1人

そのほか

  • 日本DMAT・災害医療派遣チーム参加看護師:2人
  • 京都DMAT・災害医療派遣チーム参加看護師:2人

特定看護師(⇒特定行為研修について

  • 5人:特定区分
    • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
    • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
    • 血糖コントロールに係る薬剤投与関連
    • 術後疼痛管理関連
    • 循環動態に係る薬剤投与関連

当院の看護教育について

教育研修では、成長し合う組織づくりを目標に、看護専門職として先輩看護師も新人看護師も互いに成長できる「学びあう職場」づくりをめざします。特に、病棟特性に応じた質の高い看護サービス提供の実現に向け、職員はもちろん指導者についても年間教育計画を立て支援します。

 

看護師募集中!
365日24時間保育対応。新卒・既卒者はもちろん、ママさん看護師も大募集。


サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ