このページの先頭

医療技術部門(コメディカル)

 

⇒洛和会ヘルスケアシステムへ就職をお考えの皆さまへ(動画)

薬剤部

薬剤部では、これまでの服用歴やアレルギー歴をチェックしたり、取り除いてほしい苦痛や、希望を患者さまご自身やご家族にお伺いしたりしています。また、申し送りやカンファレンスに参加し、他職種との情報共有を図ることにより、さまざまな角度からアプローチし、個々の患者さまの体質や症状に合わせた薬剤の提案、副作用や効果のチェックなどを行っています。

薬剤師

薬剤師の基本的な役割は、処方された薬の副作用や相互作用などを確認したうえで、正しく調剤し、安全かつ正確に服用していただけるよう、薬剤管理を行うことです。より良い治療効果や症状緩和が得られるよう、患者さまをサポートしています。

CE部

CE部では、血液透析室、手術室などにおいて、血液浄化装置、人工呼吸器、各種計測機器などの操作および保守点検業務を行っています。

臨床工学技士

臨床工学技士は、Clinical Engineerとも呼ばれ、医師の指示のもとに、生命維持管理装置の操作および保守点検業務を行います。当院では透析室を中心に業務を行っています。
病棟で使用されている医療機器も全て管理しており、いつでも安全な医療が提供できるよう日々業務を行っております。

このページのトップへ

栄養管理室

栄養管理室では、治療食を提供させていただいている患者さまに対し、入院・外来を問わず、医師の指示のもとに栄養指導を実施し、食事を楽しみながら疾患をコントロールできるように努めています。また、病院食が患者さまの入院生活の潤いになるよう、お正月、節分、ひな祭り、クリスマスなどの行事食も、積極的に献立に取り入れています。
当院の食事の大きな特徴は、クックチル方式を導入していることです。クックチル方式とは、センターで加熱調理した製品を急速に冷却して冷蔵保存し、提供時に再加熱する調理システムです。この方式は衛生管理が万全で、時間をかけて食材に調味液を浸透させることができるので、減塩食もおいしく食べていただくことができます。

管理栄養士・栄養士

管理栄養士は、入院患者さま個々の食事内容や検査データをもとに、栄養管理計画を立案し、定期的に評価して栄養管理を行います。

臨床検査部

臨床検査部は、専門知識・検査技術を習得し、迅速で正確な検査結果の提供、チーム医療への参画の実践に努めています。以下が担当している検査です。

 

検体検査

血液・尿など、体内のあらゆる部位に存在する体液を検体として、血液一般検査、生化学的検査、腫瘍マーカー、細菌検査などを行います。

 

生理検査

心電図、ホルター(24時間)心電図、腹部超音波、心臓超音波、血管超音波を行い、体の動きを調べます。心疾患、動脈硬化性疾患、消化器疾患などの診断や治療に不可欠な検査です。

 

輸血検査

輸血療法が必要になったとき、その輸血によって副作用が起こらないよう、事前に検査を施行し、血液製剤を準備します。また、その血液製剤を常に安全に使用していただくための管理も、責任をもって行っております。

臨床検査技師

医師が患者さまの体の状態を知るのに必要な情報を調べて(臨床検査)、提供するのが臨床検査技師です。患者さまの診断や治療方針を決定するため、また病気の早期発見や予防を行うために、臨床検査を行います。

このページのトップへ

放射線部

デジタルX線撮影技術により、モニター診断による完全なデジタル化を実現、診断に必要な画像情報を、正確かつ迅速に提供します。

診療放射線技師

X線撮影をはじめ、画像情報の管理や放射線利用に関する安全管理を行います。

リハビリテーション部

リハビリテーション部日常生活への復帰や社会適応能力の回復を図るため、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がリハビリテーションに取り組んでいます。医師、病棟や相談員と情報交換しながら、個々の患者さまに合わせた目標設定を心掛けています。

理学療法士(PT)

病気やけがにより、日常生活に支障を来した方々に対し、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復を図るリハビリテーションを行っています。「運動療法」「日常生活練習」などに加え、福祉用具や住宅改修に関する助言なども行っています。

 

作業療法士(OT)

長期にわたる治療が背景にある日々の暮らしのなかで、「自分らしさ」を維持し、生かしていくリハビリテーションを提供しています。
患者さまにとって「価値ある作業(活動)」を、機能・能力回復訓練や環境調整などで支援し、患者さまがより主体的に暮らしていける方法を一緒に考えていくことを心掛けています。また、在宅復帰が可能な方には、退院前訪問指導を行い、安心して退院していただけるためのお手伝いも行っています。

 

言語聴覚士(ST)

2014(平成26)年4月より言語聴覚士が配置されました。言語聴覚士はさまざまな理由によるコミュニケーション障害、音声、言語、嚥下障害に対する評価および検査、訓練(リハビリテーション)を担当します。

現在は主に嚥下機能(飲み込み)のリハビリテーションを中心に、チームでの連携を図りながら進めています。

 

交通アクセス

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8116
京都市山科区小山鎮守町29-1
075(594)8010(代)

詳しくはこちら

ページトップ