このページの先頭

洛和会音羽リハビリテーション病院

交通アクセス

メモリークリニック(物忘れ外来)

認知症早期発見やセーフティーネットワークの要として

京都大学で認知症の研究診療に携わってきた部長の木原武士が、2010(平成22)年4月に着任して以来、認知症学会専門医2人による、京都でも有数の認知症診療体制が整ったと自負しています。物忘れと認知症の早期診断、評価、治療だけにとどまらず、広く、ご家族やかかりつけ医からの相談に対応しています。

地域包括支援センターや洛和会音羽病院の認知症関連部門(物忘れ外来、臨床治験センター、認知症病棟)、京都のさまざまな医療機関、介護施設などと幅広く連携し、京都の認知症早期発見やセーフティーネットワークの要となるべく、努力したいと思っています。

診察のご案内

最近、認知症への関心が富みに高まっているようです。人は誰でも、年齢を重ねれば、忘れっぽくなります。そして、ふと「これが認知症の始まりなのか・・・?」と、心配になるのは自然な流れです。身内の方やご近所にも、おそらくそのような方々がたくさんおられることでしょう。
洛和会ヘルスケアシステムでは以前から、認知症の医療・介護に積極的に取り組んできました。
認知症は、早期発見、早期介入がますます重要になってきました。認知症の原因にはさまざまなものがありますが、その原因究明が進むとともに、根治が困難なものであっても、生活習慣の改善や介護サービスの利用に、適切な薬を組み合わせることにより、発症や進行を遅らせたり、さまざまな問題行動、精神症状をコントロールすることが可能になってきました。また、新薬も開発され、治療の選択肢も増えてきています。
メモリークリニック(物忘れ外来)では、まず、じっくりとご本人・ご家族とお話しすることから始め、さまざまな専門的な検査を必要に応じて組み合わせることにより、以下のような疑問にお答えします。

  • 物忘れは病的なものなのか
  • 将来認知症になる可能性は高いのか
  • 認知症であれば、どんなタイプのものか(鑑別診断)、そして治療が可能なものなのか
  • 認知症にならないためには、どんなことを心掛けたら良いのか

 

ほかにも、認知症に関するさまざまなご相談に対応いたしますので、お困りの方は、ご予約のうえ、ご来院ください。初診は 月・火・木曜日の午前中に予約枠がありますので、時間をかけて診察いたします。

 

スタッフ紹介

院長
木村 透(きむら とおる)

 

専門医認定・資格など

日本神経学会認定神経内科専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医
日本認知症サポート医
日本脳卒中学会専門医
日本頭痛学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定医
日本プライマリケア医学会認定医
日本内科学会認定医/指導医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医

木村医師

 


部長
木原 武士(きはら たけし)

 

専門医認定・資格など

日本内科学会認定医
身体障害者福祉法指定医師(京都市)神経内科
日本神経学会専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医
日本頭痛学会指導医

木原医師

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32-1
075(581)6221(代)

詳しくはこちら

ページトップ