お電話

メニュー

洛和会音羽病院看護部

新着情報

2018/04/01
ホームページをリニューアルしました。

看護部について

看護部のご案内看護部長 村田 つる代

人を育てるには、まず職場の環境づくりから。
充実した教育制度に、独自の取り組みをプラスして。

病院の機能分化が進むなか、洛和会音羽病院が地域住民の皆さまのニーズに対応できる高度医療機能を有した地域支援病院としての役割をいつでも発揮できるように医療体制をサポートすることが看護部門の役割です。職員個々の専門職としての能力を組織内外で発揮できるように、地域の医療機関・介護事業所と連携しながら地域包括ケアシステム作りに一層、取り組んでまいります。


理念

  1. 自主的にキャリア開発に努め、高度医療に対応する看護レベルを獲得する。
  2. 専門職として高い理論観や道徳観に基づいた責任のある行動をとる。
  3. 「気づき」と「思いやり」をもち、患者さんが安全・安楽できるケアを実践する。
  4. 医療チームメンバーとして多職種と協働し、質の高いケアを実践する。

スローガン

チーム医療における看護の役割発揮

医療チームをつなぐのは、どの職種よりも患者さんのそばにいる看護師の役割です。私たちは専門職としての能力と役割を発揮して患者さんの療養生活をサポートします。そして、専門職としての看護生活実践を通じて、人間性を磨き自己実現を目指します。

2017年度活動のスローガン

改革!働きやすい環境風土への取り組み

職員個々が「専門職としての自覚」を持ち、安全安楽で「現時点における最高のケアを提供する使命」があります。これらの実現のためには、職員一人一人が責任を持ち職務を実践し、互いに専門職として成長できる組織をつくる努力が必要です。
職員個々が「私が考える業務改善」「組織における役割」を念頭に、働きやすい職場風土(環境)づくりに取り組みます。


看護方式・体制

看護方式

パートナーシップ・ナーシング・システム®(PNS)

洛和会音羽病院は専門職として自覚を持ち、患者さんのニーズに対応できる看護師の育成を目指しています。2016年度から導入したPNSにより、専門職として必要な看護技術や判断力、コミュニケーション能力、時間管理能力など、看護実践に必要な能力を育成します。
また、職員個々が組織の一員として業務改善による効率化やワーク・ライフ・バランス(WLB)の構築などに取り組んでいます。

看護体制

許可入院患者数

548人

  • 一般病棟:429人
    (うち ICU/CCU:12人、SCU:12人、救命救急病棟:32人含む)
  • 地域包括ケア病棟:59人
  • 認知症治療病棟:60人
看護単位

16単位

  • 一般病棟(7対1):8単位
  • 他病棟:5単位(ICU/CCU、SCU、救急病棟、認知症治療病棟、地域包括ケア病棟)
  • 治療部門:3単位(手術センター、救命救急センター、外来<アイセンター含む>)

洛和会音羽病院で活躍する看護師(2017年6月現在)

ある特定の看護分野において熟練した看護技術や知識を有するとして、日本看護協会の専門看護師・認定看護師・認定看護管理者認定審査で認められた看護師です。

専門看護師
  • がん看護専門看護師:1人
  • 重症集中ケア専門看護師:1人
認定看護師
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師:2人
  • 感染管理認定看護師:1人
  • 緩和ケア認定看護師:1人
  • 救急看護認定看護師:2人
  • 小児救急看護認定看護師:1人
  • 慢性心不全看護認定看護師:2人
  • がん化学療法認定看護師:2人
  • 手術看護認定看護師:1人
認定看護管理者
  • 認定看護管理者:1人
そのほか
  • 日本DMAT・災害医療派遣チーム参加看護師:2人
  • 京都DMAT・災害医療派遣チーム参加看護師:2人
特定看護師
⇒特定行為研修について
  • 5人:特定区分
    • 呼吸器(気道確保に係るもの)関連
    • 呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連
    • 血糖コントロールに係る薬剤投与関連
    • 術後疼痛管理関連
    • 循環動態に係る薬剤投与関連

連携業務

当院の看護教育について

教育研修では、成長し合う組織づくりを目標に、看護専門職として先輩看護師も新人看護師も互いに成長できる「学びあう職場」づくりをめざします。特に、病棟特性に応じた質の高い看護サービス提供の実現に向け、職員はもちろん指導者についても年間教育計画を立て支援します。

クリニカルラダーシステム

2006(平成18)年度より導入し、看護師の臨床実践能力を評価し、質的向上と専門職としての役割遂行が高められるよう、支援体制を強化しています。2017(平成29)年度には、日本看護協会版「看護師のクリニカルラダー」(下記表)に準拠して洛和会ヘルスケアシステムの5病院で評価基準を統一しました。

レベル 定義
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する
標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する
より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

レベルに基づいた研修体制

1. ビギナーナース(新卒看護師対象の必修研修)

新卒の看護師には、レベルⅠ「基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する」の認定にふさわしい能力を獲得するための支援として以下の必修研修を行っています。

2017年度の必修研修

  1. 感染防止対策について
  2. 医療安全対策について
  3. 看護技術演習1
  4. 看護技術演習2
  5. 看護技術演習3
  6. 看護技術演習4
  7. 電子カルテ操作1
  8. PNS®について
  9. 看護必要度
  10. 輸液ポンプ、シリンジポンプの取り扱い
  11. 心電図モニターの取り扱い
  12. 急変時シミュレーション
  13. 褥瘡予防ケアと創傷管理の基本
  14. 救急カートの薬品と取り扱い
  15. 多重課題シミュレーション
  16. ケーススタディのまとめ方
  17. ケーススタディ発表会

※詳しくは「ビギナーナース(新卒看護師)必修研修[PDF(94KB)]」をご覧ください

2. レベルⅡナースのための実践能力強化研修

レベルⅠの認定を受け、レベルⅡ「標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する」へのステップアップを目指す看護師、あるいは、レベルⅡで実践能力の向上に努めている看護師には、以下のような選択研修を用意しています。

2017年度上半期の選択研修

※詳しくは「レベルⅡナース選択研修(平成29年度上半期)[PDF(94KB)]」をご覧ください
この研修では、テーマに応じた事前・事後課題を提示し、明確に学習目標が達成できるよう学習者のレディネスを整えるための支援をしています。また、院内のエキスパートナースが講師となり、参加型のシミュレーション研修を駆使し、明日からの看護実践に取り入れられる内容に工夫しています。

3. レベルⅢ以上のナースの学習支援

レベルⅢ以上では、各々のキャリア目標や役割に合わせて、E-learningを計画的に活用できるよう豊富な内容を用意しています。レベルⅢ以上の看護師に求められる実地指導者や教育担当者の役割に関する内容は必修研修として用意しています。

専門看護師や認定看護師の資格取得を目指す看護師には、奨学金制度を利用して長期研修を受けられる体制が整備されています。

E-learningの導入と活用 ~院内研修(off-JT)とOJTの連動を強化~

E-learningの導入と活用

2017(平成29)年度より、常勤・非常勤を問わずすべての看護職員に『学研ナーシングサポート/ナーシングメソッド』のIDを付与し、「それぞれのタイミングで、個々の課題や関心に応じて」学習ができるよう、E-learningを導入しました。
ナーシングメソッドの活用により、根拠に基づいた看護技術をいつでも臨床場面で確認しながら提供することが可能になりました(ネット環境を整備)。
また、ナーシングサポートは基礎習得コースや中堅コース、管理者コースなど幅広い医療・看護に必要な最新テーマが用意されているので、個々のモチベーションに応じた学習の展開に役立てることが可能です。
洛和会音羽病院では、特に、ビギナーナース、レベルⅡナースの院内研修へ積極的に活用し、off-JTとOJTの連動を強化しています。導入間もないですが、当院看護師の視聴状況は、京滋地区の学研ナーシングサポートユーザーの中でもトップレベルにあり、看護師の学習意欲の高さがうかがえます。


看護師募集中!

365日24時間保育対応。新卒・既卒者はもちろん、ママさん看護師も大募集

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル