このページの先頭

洛和会音羽リハビリテーション病院

交通アクセス

神経内科

当科では、オーソドックスな意味での神経内科診療を行うとともに、“地域に貢献できる医療の実践”をめざして、「認知症」の早期発見・早期介入と「神経難病」サポートを重点項目として掲げています。

認知症医療サポートセンター

認知症の原因にはさまざまなものがありますが、その原因究明が進むとともに、根治が困難なものであっても、生活習慣の改善や介護サービスの利用に、適切な薬を組み合わせることにより、発症や進行を遅らせたり、さまざまな問題行動、精神症状をコントロールすることが可能になってきました。また、新薬も開発され、治療の選択肢も増えてきています。
当院では「メモリークリニック(物忘れ外来)」を併設し、まず、じっくりとご本人・ご家族とお話しすることから始め、さまざまな専門的な検査を必要に応じて組み合わせて、以下のような疑問にお答えします。

  • 物忘れは病的なものなのか
  • 将来認知症になる可能性は高いのか
  • 認知症であれば、どんなタイプのものか(鑑別診断)、そして治療が可能なものか、認知症にならないためには、どんなことを心掛けたら良いのか
スタッフ紹介

部長
木原 武士(きはら たけし)

 

専門医認定・資格など

日本内科学会認定医
身体障害者福祉法指定医師(京都市)神経内科
日本神経学会専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医
日本頭痛学会指導医

木原医師

神経センター

主にパーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症などの正確な診断治療、臨床治験を含む新しい治療の試み、地域における在宅療養、リハビリテーションのサポートなどを、他科・他施設とも協力して行っています。
昨今、神経難病でも在宅での療養が中心になっています。ただ神経難病の在宅療養はご家族の介護負担も大きく、ご家族の介護負担を軽減し介護を時に「休憩」するために、レスパイ卜入院を受け入れています。

■ 神経難病相談窓口を開設しています

当院のリハビリテーションのご案内

神経難病患者さまへの支援に関してお困りのことはありませんか?
経験豊富なスタッフがご相談に応じます。
詳しくは神経難病相談窓口のページをご覧ください →

スタッフ紹介

所長

小澤 恭子(おざわ きょうこ)

 

専門領域

免疫性神経疾患、神経筋疾患、神経変性疾患

専門医認定・資格など

日本内科学会認定内科医/指導医
日本神経学会認定神経内科専門医/指導医
日本認知症学会専門医/指導医
臨床研修指導医

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8113
京都市山科区小山北溝町32-1
075(581)6221(代)

詳しくはこちら

ページトップ