お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

冠動脈治療(PCI)

▲バルーン

▲ステント

冠動脈の狭さくや閉塞に対しての治療には、薬剤による治療のほかに、胸を開けて外科的に行われる冠動脈バイパス術やカテーテルによる冠動脈形成術があります。技術の進歩により、多くの症例でカテーテル治療が可能になりましたが、症例によっては手術が適応となる場合もあります。

カテーテル治療とは、糸のように細いガイドワイヤーを冠動脈内に挿入し、それに沿わせてバルーン(風船)や補強材であるステント(金属の筒)を病変部まで誘導します。そして圧力をかけて病変を押し広げて治療を行います。

病変を押し広げても、生体の修復反応により、再度細くなることがあります。これを「再狭さく」と言い、バルーンだけの場合は30~40%、ステント療法を行った場合でも20%程度の確率で起こります。最近は、その再狭さくを防ぐ薬剤を塗布したステントが主流であり、再狭さくを5%以下に抑えることができます。また、病変を削り取る治療法もあります。
病変の太さや形態、薬の問題などを考慮して、治療法を使い分けます。



▲血管内超音波(IVUS)により病変の詳細な状態を把握します

  • 動脈硬化により細くなった血管
  • 医療後

2016(平成28)年 治療成績

※画像をクリックすると大きく表示されます。

  • PCI 症例背景

    症例背景
  • PCI 治療の内訳

    治療の内訳
  • PCI 初期成功率

    初期成功率

PCIのまとめ(1)

  • 平均年齢は70歳を超え、高齢化を示している。慢性腎不全、維持透析、 CTO病変比率が高く、症例背景や病変背景の複雑化・高度化を示した。
  • All comerに対してPCIのみで治療を行ったが、初期成功率は98.4%と高率であり、手技起因の合併症も非常に低率であった。

PCIのまとめ(2)

  • 心肺停止症例も含むため緊急症例での主要心脳血管イベント(MACCE)は15.0%と高率であったが、待機症例でのMACCEは5.3%と低率であった。
  • 再血行再建(TLR)率では、第1世代DESと比較し、2009年5月以降の第2世代DESにおいては4.9%と超低率であり、その慢性期成績はさらなる改善を認めた。

〒604-8401
京都市中京区七本松通丸太町上ル



  • 075(801)0351
  • 外来受付時間

    午前8時30分~正午
    午後完全予約制 ※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル