創立70周年記念サイト創立70周年記念サイト

お電話

メニュー

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みについて

新型コロナウイルス感染拡大防止に関する取り組みについて

新型コロナウイルス感染症相談窓口について

検査について

新型コロナウイルス肺炎の感染拡大を防止するため、次に該当する方は、専用の相談窓口へご連絡ください。


相談の目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    ※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPDなど)などの基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方
  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

相談は、帰国者・接触者相談センター(地域により名称が異なることがあります。)の他、地域によっては、医師会や診療所などで相談を受け付けている場合もありますので、ご活用ください。

妊婦の方へ

妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターなどにご相談ください。

お子さんをお持ちの方へ

小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

※なお、この目安は皆さまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

相談窓口

厚生労働省 電話相談窓口: 0120(565)653
京都市 電話相談窓口(24時間対応):075(222)3421
京都府 電話相談窓口(24時間対応):075(414)4726

当院の感染拡大防止に関する取り組みについて

当院では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、以下の対策を行っています。患者さん、ご家族の皆さんにはご不便をお掛けいたしますが、全職員一丸となって感染防止に努めておりますので、ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

利用者さんへのお願い

  • 面会禁止措置(病院、主治医が許可した場合を除く)
  • 面会が許可された方の記帳管理、面会時間制限(午前11時~午後8時、20分以内)
  • 入院患者さんの外出・外泊制限
  • 院内放送での感染対策ご協力のお願い(手洗い、マスクの着用)

院内環境

  • 毎日の定期的な院内設備の消毒
  • 手指消毒薬設置場所の増設(受付、エレベーター前、病棟入口など)
  • 本館総合受付、救命救急センタートリアージブースにビニール製の透明カーテンを設置
  • ソーシャルディスタンス(社会的距離)を目的とした待合座席の配置変換
  • 院内の換気促進
  • 取引業者・関連会社の出入り制限、禁止
  • 学生・実習生の健康状態管理、受け入れ制限
  • 図書館の利用制限

職員対応

  • 出勤前の体温測定、健康管理
  • 全職員の手指消毒・業務中マスク着用の徹底
  • リスクに応じた個人防護具の着用、適正な使用
  • 職員への感染対策教育、レクチャーやメール、ポスター掲示などによる情報共有
  • 会議の縮小、席の間隔拡大、定期的な換気の実施
  • 食事中の会話の自粛、昼休憩の時間的分散

方針策定

  • 定期的な新型コロナウイルス対策会議の開催
  • 感染防止のマニュアル・指針作成
  • 早期発見のための診療指針の作成
  • 行政や地域医師会との情報共有・連携

など

感染予防方法について(Q&A)

新型コロナウイルス感染症は、急速に世界に拡大して人々の健康を脅かしています。感染予防について、Q&Aを作りましたので、参考にしていただけたら幸いです。

新型コロナウイルスは、人の体のどこから侵入して感染するのですか?

このウイルスは、人の「目、鼻、口」の粘膜から侵入することで感染します。まず、このことをしっかりとご理解ください。傷のない皮膚から侵入することはありません。

感染対策を全くしていない場合、「目、鼻、口」の粘膜からどのような経路で感染しますか?

  1. 感染した人と近距離(約1m以内)で長時間(約15分間以上)会話をすることで、感染した人の吐息や咳のしぶきに含まれるウイルスが「目、鼻、口」から侵入することで感染します。数分以内の会話は低リスクです。また、感染した人の横をすれ違うだけでは感染しません。
  2. 基本的に空気を介して感染することはないと考えられています。感染者の吐息や咳に含まれるウイルスは、1~2m漂う間に水分が蒸発して乾燥し、乾燥したウイルスは感染力がないと考えられています。しかし、換気が悪く湿度の高い部屋では、感染者の吐息に含まれるウイルスが部屋の中でしばらくの間漂い続け、それを吸い込むことで感染する可能性があります。
  3. ウイルスは、金属やプラスチックの表面で最大3日間生存する可能性があります。ウイルスが付着したドアノブや手すりなどを手で触り、そのウイルスがついた手で無意識のうちに自分の「目、鼻、口」の粘膜に触れることで感染します。(ある調査では、人は無意識のうちに1時間に約10回「目、鼻、口」の粘膜に触れるそうです。)また、感染者の使ったタオル、食器などを共用することで感染する可能性があります。

感染するとどのような症状がでますか?

発熱、倦怠感、喉の痛み、咳、筋肉痛、食欲の低下など、普通の風邪やインフルエンザと同様の症状がでます。臭いが分からない、味覚の異常を訴える人もいます。感染しても約8割の人は無症状で、周囲の人に感染を広げている可能性が示唆されています(人混みの中でマスクが必要な理由)。
症状が少し進むと、動いた時の息苦しさを感じることがあります(この時はすぐに受診を)。

感染を予防する方法は?

「目、鼻、口」からウイルスの侵入を防ぐことが、感染の予防につながります。

1. 「三密」を避ける

「密集」、「密閉」、「密接」の三つの「密」を避けて生活しましょう。

2. 人混みに入る時は必ずマスクを着用

人混みに入る時(スーパーに買い物に行く、電車に乗る、バスに乗るなど、近距離に他の方がいる時)は、必ずマスクを着用しましょう(鼻と顎をしっかりカバーしましょう)。近距離で会話をする場合、お互いにマスクを着用していれば感染を予防できます。必須ではありませんが、マスクに加えて花粉症用のメガネなどを着用するとさらに予防に役立つと考えらます。

3. 「目、鼻、口」を不用意に触らない

「目、鼻、口」を不用意に触らないようにしましょう。「目、鼻、口」を触るのであれば、必ずその前に手を洗いましましょう。(石けんと流水、消毒用アルコールの両者が有効です。)

4. 部屋の換気

部屋の換気を心掛けましょう。(窓や扉を少しずつ継続して開けたり、定期的に広く開けるなど)

5. 毎日検温する

毎日体温を測定しましょう。発熱や風邪症状があるときは、外出を避けて自宅で療養しましょう。
発熱が続いたら(基礎疾患のある方は2日程度、基礎疾患のない方は4日以上)、直接医療機関を受診する前にお近くの「帰国者・接触者相談センター」に電話で相談し、アドバイスを受けてください。

6. 適度な運動を心掛ける

外出を自粛するとはいえ、ずっと家に閉じこもっていると体力と免疫力が落ちてしまいます。家の周りを散歩するなど、適度な運動を心掛けましょう。散歩、通勤中屋外を歩くときなど、屋外で2m以内に複数の人がいない場合、感染する可能性は低く、マスクの着用は必須ではありません。

万一、家族の中に感染した人が発生した場合は?

万一、ご家族の中に感染した人が発生した場合は、以下のような感染対策をすることが勧められています。

  1. 可能な限り部屋を分ける。
  2. 家の中でもできる限り全員がマスクを着用する。
  3. 小まめにうがいと手洗いを行う。
  4. できる限り換気を行う。
  5. 感染した人が触れたドアノブ・便座などの消毒を行う。
  6. タオルや食器の共用を避ける。
  7. 感染した人の入浴を最後にする など

詳しくは厚生労働省のホームーページ「新型コロナウイルスに関するQ&A(⼀般の方向け)」をご参照ください。

“ソーシャルディスタンス”推進

洛和会ヘルスケアシステムでは、人と人との物理的な距離を保つ「ソーシャルディスタンス」の啓蒙・促進を目的としたロゴを製作しました。
新型コロナウイルス感染症対策として、「ソーシャルディスタンス」を推進し、感染拡大防止に努めています。

洛和会のソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンスとは?

洛和会のソーシャルディスタンス

ソーシャルディスタンス(Social Distance)とは疾病の感染拡大を防ぐため、人と人との物理的距離を保つことです。 手洗い・うがいの徹底やマスクの着用のほか、下記3つの密を避けることが重要です。

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場所

関連情報

ポスター

密を避けて外出しましょう! 咳エチケット 手洗い

動画


WHO「COVID-19のウイルスはどのように広がり、どうすれば感染を防げるでしょうか?」

政府インターネットテレビ「新型コロナウイルス対策篇」

政府インターネットテレビ「新型コロナウイルス対策5篇」

やってみよう!新型コロナウイルス感染症対策 みんなでできること

新型コロナウイルスに関する情報は下記もご参照ください

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



トモニンエルボシ

  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル