このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

救命救急センター・京都ER

救命救急センター・京都ER

 

当センターは、全国でも数少ないER型救急診療を実践しています。ER型というのは、救急担当医が専門分野に関わらず全科の救急疾患に関わり、必要に応じて専門医に引き継ぐ体制のことです。

2012(平成24)年3月、当センターは行政から救急医療の業績を評価され、近畿の民間病院では初めて救命救急センターとして指定されました。これを受けて、当院では、救急専用病棟を設け、さらに救急体制の強化と円滑化を図るとともに、地域の救急医療の中核施設としての役割を担うべく、防災活動やドクターカー搬送なども積極的に行っていきたいと考えています。今後も、近隣地域からの救急車搬入要請は拒否しない体制を最大限順守し、市民の皆さまから安心と信頼を得られるよう努力してまいります。

 

診療内容

当センターでは、成人の感冒、夜間の腹痛症状や突然の胸痛発作、高齢者の急な発熱や小児のひきつけ、さらに、熱傷や薬物中毒、交通事故や転落などによる多発外傷、心肺停止症例まで、重症度や疾患の特殊性に関係なく、あらゆる救急疾患を扱っています。

当センターがめざす救急医療は「患者さまの立場に立った救急」です。“拒否しない救急” から、さらに発展して“救急診療の質の向上” をめざし、救急専属医が中心となって診療にあたっています。どんな病態でも対応できる柔軟な救急診療を、スタッフ一同心掛けています。

 

他科のバックアップ

総合内科・ICUはもちろん、全科の24時間オンコール体制があり、バックアップは万全です。 夜間の救急患者さまは全て、担当医の判断で救命救急病棟に入院可能となっており、翌日に各科と連携します。

 

対応疾患

  • 感冒、腹痛、下痢、発熱などの疾患
  • 角膜炎、結膜炎
  • へんとう腺炎、鼻出血、中耳炎、耳鳴り、突発性難聴
  • 湿疹、じんましん
  • 尿路結石、性病、前立腺炎
  • 下腹部痛や切迫流産
  • 小児科の発熱、腹痛、熱性けいれん
  • めまい、頭痛、意識障害
  • 交通外傷や転倒などによる打撲、脱臼、骨折
  • 不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全
  • 消化器潰瘍、肝硬変、膵炎、胆石症
  • 虫垂炎、ヘルニア陥入、腸閉塞、消化器穿孔
  • 大動脈解離、動脈瘤切迫破裂
  • 交通外傷や転落事故などによる多発外傷
  • 薬物中毒
  • 熱傷(重症度に関わらず、初期対応は全ての症例に行う)
  • 心肺停止

 

救護班派遣

院外業務として、京都の3大祭り、陸上競技などのイベントに救護班を派遣しています。

 

2015(平成27)年の診療実績

  • 救急受診人数:30,721人(1日平均:84.2人)
  • 救急から集中治療室への入院数:404人

救急車搬入患者数:6,009台(1日平均:16.5台)

ERデータ

 

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ