このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

泌尿器科

 

泌尿器泌尿器科疾患全般にわたり、体への負担が少なく、術後の生活を考えた手術を行っております。たとえ、がんの治療のために手術が必要となっても、手術後の生活が手術前に比較して極端に制約を受けるようなことでは、良い治療と言うことはできません。私たちは特にこの点に留意して、治療を行っています。

診療内容

尿路悪性腫瘍、尿路結石、前立腺肥大症、女性腹圧性尿失禁など、泌尿器科疾患の治療に豊富な経験を有しています。

 

対応疾患

尿路悪性腫瘍

前立腺がん、膀胱(ぼうこう)がんに代表される、尿路上皮腫瘍、腎腫瘍、精巣腫瘍などの治療実績を多くもっています。最近、増加傾向にある前立腺がんに関しては、早期発見、早期治療に努めており、前立腺がんの根治手術では、入院から退院まで10日~2週間という短期間での治療が可能です。(⇒ 前立腺がんの詳細はこちら
近年、開腹術は施行せず、体腔鏡を使用した低侵襲手術が行われるようになってきました。
当科においても、早くから体腔鏡下手術に着手しており、腎腫瘍、副腎腫瘍などの手術に関しては、体腔鏡下手術を第一選択としております。従来の開腹手術に比べ、術後の回復が早く、患者さまへの負担が少ないことが最大のメリットです。2008(平成20)年12月現在までに、約100症例の腎摘出術を経験しています。

 

膀胱がん

膀胱がんに対する手術では、膀胱全摘術後の尿路変更法として、可能な限り、ストーマを必要とせず、自然排尿が可能な「回腸新膀胱造設術」を行っており、患者さまの「生活の質」を向上させることをめざしています。(⇒ 尿路変更法の詳細はこちら

 

尿路結石

体外衝撃波による結石破砕術(ESWL)、またESWLでは解決できない難結石においては、内視鏡による結石破砕術(PNL、TUL)を施行しております。複雑な形をしたサンゴ状結石に対しても、レントゲン透視下に腎ろうを作成することにより、最短期間での退院が可能です。ESWLの装置は、独シーメンス社製の最新機械を採用しています。

 

前立腺肥大症

老年期の男性にみられる代表的な病気です。手術療法を選択した場合、教科書的には、前立腺重量により、内視鏡手術、開腹手術の適応が決められていますが、当科では、ほとんどの症例を、より侵襲の少ない内視鏡手術で行っています。(⇒ 前立腺肥大症手術の詳細はこちら

 

腹圧性尿失禁

中年以降の女性で、笑ったり、咳、くしゃみをすると尿漏れすると訴えられる方があります。この様な症状を認める女性はかなりいると考えられますが、羞恥心が先に立って、受診される方は少ないように思います。女性の場合、出産を経験すること、また加齢などの要因により、骨盤底筋群の弛緩が起こり、膀胱が下垂したり尿道の可動性が大きくなることで、尿が漏れやすくなるのです。当科では、女性のこの様な腹圧性尿失禁に対してスリング手術を施行しており、良好な成績を収めております。(⇒ 腹圧性尿失禁の詳細はこちら

 

2015(平成27)年の手術件数

  • 腹腔鏡下腎盂形成術:1件
  • 腹腔鏡下副腎摘出術:1件
  • 膀胱脱手術(メッシュを使用するもの):3件
  • 経尿道的前立腺手術(TUR-P):9件
  • 経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUB-Bt):45件
  • 小児泌尿器科手術:5件
  • 腎(尿管)悪性腫瘍手術(腹腔鏡12件、開腹3件):15件
  • 精巣悪性腫瘍手術:1件
  • 前立腺悪性腫瘍手術(腹腔鏡下手術):13件
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL):8件
  • 内視鏡下尿路結石除去術(TUL、PNL):47件
  • 膀胱悪性腫瘍手術(全摘):3件
  • そのほか:197件

1年間で入院加療された患者さまの数:398人

泌尿器科実績データ

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ