お電話

メニュー

診療科・部門のご案内

3T-MRI装置について

※以下の画像はクリックすると大きいサイズで見ることができます

  • 3T-MRI装置で撮影した脳(FLAIR)
    3T-MRI装置で撮影した脳(FLAIR)
  • 1.5T-MRIで撮影した脳(FLAIR)
    1.5T-MRIで撮影した脳(FLAIR)
  • 3T-MRI装置で撮影した脳血管(MRA)
    3T-MRI装置で撮影した脳血管(MRA)
  • 1.5T-MRIで撮影した脳血管(MRA)
    1.5T-MRIで撮影した脳血管(MRA)

従来の1.5T-MRIよりも2倍の強さの磁場環境を保有することにより、解像度が上がり、微細な変化も視認できるようになりました。特に、血管の描出に優れており、末梢(まっしょう)の細動脈レベルまで可視化することができ、血管病変の検出に力を発揮します。
また、1.5T-MRIと同等レベルの解像度で、撮影時間を短縮することができる撮影方法もあります。

※ただし、患者さんや撮影部位によっては、3T-MRI装置では撮影できなかったり、1.5T-MRI装置の方が適していると思われる場合がありますので、放射線科医の判断で1.5T-MRI装置で撮影させていただくことがあります。

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2



  • 075(593)4111
  • 外来受付時間

    午前8時20分~正午
    午後1時~午後3時30分※診療科により受付時間が一部異なります。

    詳細
  • 面会時間

    午前8時~午後9時30分

    詳細

介護タクシー

介護用品レンタル