このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

歯科麻酔科

 

センター長 横江義彦全身管理や重症合併症の管理に慣れた歯科麻酔医という専門性を生かし、有病者やハンディキャップを有する方の歯科治療時の全身麻酔・静脈内鎮静のほか、口腔ケアや、訪問歯科診療にも力を発揮しています。

 

「歯科治療は無理」とあきらめていた方、ぜひ一度ご相談ください。


歯科麻酔科専門外来

歯科麻酔専門医・認定医、歯科衛生士、看護師がチームで診療にあたります

高血圧や心筋梗塞、狭心症、脳卒中、認知症などで内科通院中の患者さまにとって、歯科治療は少なからずストレスがかかり、それが原因で持病が悪化してしまうなど、身体に大きな負担をかけてしまうこともあります。

このような患者さまにも、体に大きな負担をかけることのないように、血圧や心電図などで状態を見ながら、必要に応じて精神鎮静法(※)も行っています。

※精神鎮静法とは、鎮静剤を用いて不安や緊張を和らげる方法です。意識は残りますが、リラックスした状態で治療を受けていただくことができます。

 

日帰り全身麻酔の歯科治療について
  • 障がいがあるため通常の歯科治療が困難な方
  • なかなか治療が進まない小さなお子さま
  • 恐怖心が強く抑制が必要な方
  • 吐き気がひどくて歯科治療を満足に受けられない方
  • 認知症の方

 

上記のような、通常の歯科治療を受けることが難しい方に対して、モニターを監視しながら、不安を取り除いた状態にする精神鎮静法(リラクゼーション法)や、日帰り全身麻酔を併用して、安全かつ確実な治療を行っています。
当院では、歯科麻酔専門医1人、歯科麻酔認定医1人の計2人で診療に当たっています。

 

 

 

歯科治療促進のための、お子さま向けの絵本ができました!

全身麻酔
絵本の表紙。 裏面は、保護者の方や
医療関係者さま向けのパンフレットになっています。

 

歯科麻酔科では、よりたくさんの方、とりわけお子さまとその保護者の方々に、歯の予防と治療の大切さを知っていただくためのツールとして、絵本を制作しました。

主人公のみほちゃんが、虫歯に苦しむ不思議な宇宙生物と出会い、治療を受けさせるという、お子さま向けの楽しいストーリーです。

多くの皆さまにお読みいただき、治療機会をお持ちいただきたいと思います。

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ