このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

腎臓内科

腎臓内科 部長 山口

腎臓病の治療は早期発見・早期治療が大切

健康診断で「タンパク尿」や「血尿」が出ていると言われたことはありませんか?「血圧が高い」「血糖値が高い」と言われたことはありませんか?

腎臓の病気は経過が非常に長く、末期になるまで自覚症状がないことが多いため、症状が出たときには、透析を受けざるを得ない状態になっていることがあります。すなわち、腎臓病の治療は早期発見・早期治療が非常に大切であると考えられています。また、腎臓病は、高血圧、糖尿病、膠原(こうげん)病、メタボリックシンドロームなどに続いて発症することが知られています。そのようなことから、当科では検尿異常から原発性糸球体疾患が疑われる方だけでなく、糖尿病、高血圧、膠原病などに伴う腎臓疾患が疑われる方も積極的に診療しています。

もし、気になることがあれば、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

 

どのようなときに腎臓内科を受診したら良いのか

健康診断でたんぱく尿や血尿を指摘されたとき

腎臓病を発症しているサインの一つに、たんぱく尿や血尿が挙げられます。たんぱく尿や血尿が出ている際には、糸球体腎炎(しきゅうたいじんえん)という腎臓病が起こっている可能性があります。糸球体腎炎とは、血液をろ過して尿をつくる「糸球体」という装置に障害が起こる病気です。この病気を放置すると、将来的に腎不全になり、透析をしなければならなくなる可能性があります。また、この糸球体腎炎にはさまざまな原因があり、その原因によって、治療方法や予後(その後の病気の進行具合や治療効果の見通しのこと)が異なります。

以上のことから、糸球体腎炎は早期に発見し、腎臓内科で精密検査を行ったうえで治療を開始する必要があります。もし、健康診断でたんぱく尿や血尿を指摘されたら、ためらわずに当科を受診してください。

 

高血圧、糖尿病、メタボリック症候群、膠原病などの方

高血圧、糖尿病、メタボリック症候群、膠原病などでも腎臓病が起こり得ます。かかりつけ医のおられる方は、担当の先生にご相談いただいたうえで、おられない方は健康診断のつもりで、一度当科を受診していただけたらと考えております。

 

次のような症状がある方

そのほか、足のむくみ、尿の色が黒い、尿の泡立ちがひどい、血圧が高いなど、気になる症状がありましたら、気兼ねなく当科を受診してください。

 

2015(平成27)年の診療実績

  • 入院患者数:254例
  • 急性腎不全入院数:34例
  • 腎生検数:46例
  • 血液透析導入数:32例
  • 腹膜透析導入数:1例
  • 動静脈ろう作成数:33例
  • 腹膜透析カテーテル関連手術:4例
  • 透析患者入院数:245例

診療内容

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ