このページの先頭

洛和会音羽病院

交通アクセス

消化器内科・消化器病センター

外来での内視鏡大腸ポリープ切除が可能となりました。
(1cm以上のポリープ切除後は、1泊2日の入院になります)

 

衣食住は生活の基礎と言われていますが、その中の「食べて栄養を摂ること」はわれわれが生きていくうえで最も重要なことであり、また、人生の大きな楽しみでもあります。この「食べる→消化する→吸収する」をしているのが消化器です。また、日本人のがんの半分は消化器のがんです。私たちは、この消化器疾患の診療に従事し、皆さまの健康、生活の質の向上に貢献できればと思っています。

 

対応疾患と治療内容

消化器内科・消化器病センターは、食道、胃、小腸、大腸をはじめ、肝臓、胆のう、胆管、膵臓を含む全ての消化器疾患の診療をしています。

 

食道・胃・大腸ポリープ(腫瘍)に対する内視鏡的切除術

 → 内視鏡的ポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)

早期の食道・胃・大腸がんに対する内視鏡的切除術

 → 内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

食道・胃静脈瘤(りゅう)に対する内視鏡的治療

 → 内視鏡的静脈瘤硬化療法(EIS)、内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL)

出血性潰瘍に対する内視鏡的止血術

 → クリッピング、APC、ヒータープロ-ブ、HSE・アルコール局注

潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法

クローン病に対するレミケード点滴治療

総胆管結石に対する内視鏡的治療

 → 内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)、砕石術

急性胆のう炎に対する穿刺吸引術・ドレナージ術

 → 経皮経肝胆のう吸引穿刺術(PTGBA)、経皮経肝胆のうドレナージ術

閉塞性黄疸に対する減黄術

 → 経皮経肝胆道ドレナージ術(PTBD)、内視鏡的胆道ドレナージ術(ERBD)

狭さく病変に対する拡張術・ステント留置:上部消化管、下部消化管、胆管・膵管

B型肝炎、C型慢性肝炎に対する抗ウイルス療法、インターフェロン治療

肝臓がんに対する肝動脈塞栓術(TACE)、経皮的エタノール注入療法(PEIT)・ラジオ波焼灼療法(RFA)

各消化器がんに対する抗がん剤を用いた化学療法

 

以上をはじめとして、すべての消化器疾患に対応しています。

 

合併症の可能性があり、術後の安静と食事療法が必要な治療は、すべて入院のうえで行っています。

 

消化器系救急疾患への対応

急性腹症をはじめとした消化器系救急疾患には、当院の救命救急センター・京都ER外科と連携して、24時間体制で対応しています。

 

 

サイトマップ




交通アクセスマップ

〒607-8062
京都市山科区音羽珍事町2
075(593)4111(代)

詳しくはこちら


京都府子宮頸がん検診啓発キャンペーン

ページトップ